最近は、ダブル・ケアといって
「親の介護」と「子供の育児」ということが盛んに言われるようになりましたね。

介護のパンフレットは、介護休暇など
育児のパンフレットは、育児休暇など
個別にありますね。

【ダブル・ケア?】

 

このようなパンフレットは、地方によってさまざまです。
驚くのは、京都です。
この両方のことが一つのパンフレットに載っています。

それほど、深刻になってきているのでしょうか?

仕事と介護
仕事と育児

ダブル・ケアです。

育児ではなくて、
親の介護が父と母が同時にきたら
あなたは、どのように対応していくのでしょう?

だれに相談しますか?
だれに援助を求めますか?

【たまこさんのトリプル(Ⅲ)・ケア】

由美子さんは、寝たきりの舅(義理父:ストーマ)と認知症の姑(義理母)の5人と犬2匹のご家族です。
昔は庄屋で、半径1キロ圏内の土地持ちでした。

そして、車で2時間かかる実家に一人暮らしの母親。

その由美子さんの実家は大きな庄屋さん。

名家です。

 

【仕事と介護のスケジュール】

【日常スケジュール】

主人の経営する会社は100年以上の会社さんです。
由美子さんは、経理もおこなっています。

朝10時半ころ会社にいき、昼12時は一度家にもどり
舅と姑のご飯。また外出され
夕方6時に戻ってきます。

【介護サービスをミカタにつける】

ご自分のスケジュールにあわせて、介護サービスを活用しています。

家の介護サービスでは、舅と姑あわせて
1、ホーム・ヘルパーは1週間のうち7回。
2、訪問看護師、1週間のうち3回。
3、デイサービスは、1週間のうち2回。

家族構成やその家での介護協力度(介護力)

により異なりますけどね。

おもだったサービスはこれくらいです。

自分が頑張る場面
自分が頑張らない場面。

ケアマネさんと相談しながら

出来るだけたまこさんの介護負担を
少なくするようにしました。

いまは、うまく自分のスケジュールに合わせてます。

一気にうまくなんていきませんよ。

布石をうちながら、行っていくのです。

本日も貴重な時間、
ブログにおつきあい下さり、感謝申し上げます。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※
このブログは、「介護の応援談」として
介護に直面されている方々向けです
その先、中度期や重度期の対応などをブログにしています。
全て22年間の実話であり、現在も進行中です。
あなたの介護の参考やヒントになればと思います。
そして、仕事と介護の両立にお役立て下さい。
しかし、時々脱線してしまうのが、たまに傷です。

尚、注意して頂きたいのは、毎年のように介護保険サービスのルールや環境が変わります。年を遡りブログを読んでの活用は危険がありますからお気を付けて下さいね。

※登場人物の名前は仮称です。

~シークレットセミナー開催中~

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※