本日は、介護両立支援からのお話しです。

介護両立支援の対策を、早急にしなければならなくなりました。
平成30年、「仕事と介護の両立調査」で
親の介護をする人が40代にはいってきましたね。

そして家族の介護をする社員を、会社が支援することが一般的になってきますね。

であれば…
会社が2025年までに介護支援の整備するというのは、
少し考えなおした方がいいのかもしれません。

社員への介護対策などが手遅れにならないうちに。

 

【介護ってどんな状態!?】

社員さん
「うちの母親転倒して介護になちゃったんです。1週間有給休暇とらせて欲しいのですが…。」
とある会社で社員さんが社長に相談されました。

社長さん、調べてみました。

介護って大変なんだなぁ~。

そもそも介護って7段階あるのか??

インターネットや本の説明だと…

介護保険のサポート内容を決める「要支援」「要介護」は、その症状に応じて「要支援1→2→要介護1→2→3→4→5」の7段階に区分されています。必要なサポートを受けさせましょう。

 

【社員への必要な介護サポート!?】

具体的に…どうしろと…?
会社で仕事と介護の両立支援がコンプライアンスとして…。
しかも各地で、会社の介護支援がないって労働基準監督に…。
介護紛争?
会社が社員の親の介護で…
ある日突然巻き込まれている。

最近みうけられるケースですね。

 

【介護のイメージ】

介護状態のざっくりイメージはこんな感じです。
ちょっと参考になればと思いつくってみました。

だから、会社が社員の親の介護の状態把握をすれば
どちらも対策と対応はできます。

ビジネスでも家庭の事でもそうですが
問題は後回しにしたり目を背けたらいつも解決しないじゃないですか。

会社の発展は社員との関係性が大切
そのチャンスは今です!

ご訪問していただき感謝です。
またの、ご訪問お待ちしています。

 

ありがとうございました。

―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―

会社が、社員の親の介護問題で困らないための
介護両立支援システム。
明るい介護は、あっ軽い介護!

―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―※―