【ありがとう…7年目ではじめての言葉】

お風呂に入り、ほっとした表情の宗次郎さん92歳

「ありがとう…」と

その言葉が印象的でした。

 

いつもは、「うん」

としか返事してくれないのでした。。。

 

【カネさん(奥さん)さんの一言】

カネさんの介護は訪問ヘルパーの入浴介助サービスです。

ある日、自宅のお風呂につかりながら

「あ~気持ちいい~。お父さん(宗次郎さん)どうしてるかなぁ~」

 

2階建ての戸建に住むカネさん(当時83歳)は息子さんと夫の宗次郎さん(当時85歳)の3人暮らしだと聞いていました。

しかし、宗次郎さんをみかけたことはありません。

若めのスニーカーとカネさんのサンダルは玄関でみるけど

高齢者の男性が履くようなクツなど見たことありません。

 

「2階の部屋にいるんだけど…」

 

実は、宗次郎さん定年退職してから部屋にずっといるのでした。

 

 

【9125日目のふれあい】

 

 

あなたのご家族や身内の人で

 

9,125日間、喋らないで過ごしている人いますか?
9,125日間、テレビを見ないで過ごしている人いますか?
9,125日間、病院に行かない人いますか?
9,125日間、髪の毛を伸ばしている人いますか?

9,125日間とは、25年間のことです。
25年、だれとも触れ合わずにいきていけますか…?
 

 

【ほっとけない???】

 

理想を言うのは簡単です。

 

年を重ねていくことは、私たちが想像する以上にうまく行かないこともあります。

現実と理想は違います。

 

そして、思ったようにいかないのが、

親の介護

身近な人の介護

 

したいけど…

 

それぞれの心が複雑に絡みます

思うようにいかないのが普通だと思います。

 

 

【笑顔はなんでもパスポート】

 

おはよう、こんにちはのご挨拶

そして、ちょこまか掃除(家事援助)

 

なにかに理由をつけて

ちょこまか

1秒⇒(離れる)⇒30秒⇒(離れる)⇒60秒⇒(離れる)の積み重ね

 

 

潜り込んでいた布団から出てきた宗次郎さん

 

容姿は……

仙人のように白いヒゲがのび放題

焦げ茶色のランニングシャツにパンツ

真っ黒な顔

 

そんなことを思い出しました。